おーいしだまちの観光情報

観光情報一覧にもどる

大石田駅の階段屋根-02

最終更新日:March 31, 2020

前回の記事では、駅の階段屋根をご紹介しました。景色は楽しめましたでしょうか? 大石田の景色を楽しんだら、そろそろ降りたいと思うところですが、この階段屋根には見どころがまだあります。

振り返って、階段のタイル一つひとつをじっくり観察してみてください。何か柄がありますが、よーく見ると、それぞれ違う柄になっています。実はこれ、大石田町名産のスイカや米、最上川などの景色と一緒に川柳が書き込まれたタイルになっているんです!

新幹線が大石田に停まることになった約20年前、現在の駅舎が使用され始めました。その際に、大石田町の人たちで寄付を募り、この階段の風景をつくったんです。

さて、タイルを見たら、次に目に留まるもの。綺麗なお花が沢山あります。これは、大石田町の商工会女性部の方が、毎年管理しているものなんです。大石田は、町中もお花が沢山! 癒され、ほっこりしてしまいます。

そして、この植木鉢にも注目! こちらも職人の町・大石田ならでは。大石田の山間・次年子地区で、小学校の廃校舎を利用し創作活動を行っている「次年子窯」さんの作品です。ぜひ近くでご覧になってみてくださいね。ちなみに、次年子地区は駅から車15~20分。水がおいしく、景色がすごくいい土地です! おそばも次年子の在来種があり、違う楽しみができます。

どうでしたでしょうか? 素通りしたらもったいない大石田駅のご紹介でした。

この記事は、ブログページ「大石田町エトペソラ ~山形県大石田町半径1.5時間と移住生活のちょっとイイトコロ~」の記事に加筆・修正を加え、本サイトに転載したものです。