おーいしだまちの観光情報

観光情報一覧にもどる

「おSOBAに珈琲」 気になるその味

最終更新日:March 31, 2020

大石田の新名物「おSOBAに珈琲」。気になるその味についてレポートしようと思います。その前に、改めて大石田のお蕎麦についても触れてみましょう。

山形県にはおいしいおそば屋さんがたくさんありますが、その中でも大石田にはそば好きの方々をも唸らせる名店がたくさんあります。美味しいおそばの秘密は、大石田がそば栽培に適した風土であることです。夏と冬・昼と夜の寒暖差が、そばに豊かな風味と強い香りを与えるのです。それが大石田のそばの特徴です。

大石田のそば品種は130年前に伝来し土着した「来迎寺在来種」や、次年子地区の地そばなどが有名です。いわゆる「田舎そば」の部類に入りますが、程よいコシやのどごしなめらかなな食感は一度食べたらやみつきになります。「そばは大石田でしか食べたくない!」という方もいらっしゃるそうです。

では、コーヒーのお味の話に戻ります。印象としては、「コーヒーの味の向こうに蕎麦がいる!!」、いや「蕎麦の向こうにコーヒーがいる!!」という感じでしょうか。つまり、あなたのそばにコーヒーがあるのです...。そばとコーヒー、両者が全く喧嘩することなく、共存しています。おなかいっぱいになった後や、少し口をリセットしたい時、珈琲よりもすっきりと飲むことができます!

この「おSOBAに珈琲」は、大石田名産の香り高い蕎麦「来迎寺在来種」を焙煎したものと、カフェーパウリスタ契約農家から厳選したブラジル産ブレンドコーヒーを一緒に抽出したものなんです。カフェーパウリスタの方とお話したところ、そばの焙煎はもちろん初めてのことだったのですが、元々香り高い来迎寺在来種の香りを損なわずに引き立たせるのには、相当な試行錯誤があったそうです。そばと合わせるコーヒーも来迎寺在来種の香りを邪魔せず引き立たせ、かつ、コーヒーとしても楽しめるものに焙煎・ブレンドしています。

蕎麦には、高いアンチエイジング作用や、ダイエット効果、血圧抑制効果等の健康効果、コーヒーには、ストレス解消、集中力増加、幸福効果、アンチエイジングだけではなく脂肪肝防止等の健康効果があります。蕎麦とコーヒーは、美味しさの相性が良いだけではなく、飲めば、中からキレイになれる食品なんです!!

推奨は、蕎麦:コーヒー=1:1ですが、商品は内装で別のパッケージになっているので、自分のお好みの割合を探すのも面白いですよ!!
是非「おSOBAに珈琲」をお試しください。

この記事は、ブログページ「大石田町エトペソラ ~山形県大石田町半径1.5時間と移住生活のちょっとイイトコロ~」の記事に加筆・修正を加え、本サイトに転載したものです。